正社員のライター募集に注目|どんなことをするの?稼ぎは?

ライターと言うと非正規雇用、といった印象が極めて強いですよね。しかし、中には正社員として雇われている方も多いのです。もちろん。非正規で入って、スキルが認められて正社員になるケースもあります。一方で、最初から正社員として仕事をしている、という方もいます。

今回は正社員のライター募集に応募しようと思っている方に向けて、そもそも正社員のライターとはどういったことをするのか。さらに、給与はどの程度なのか、といったことを明らかにしていきます。

正社員のライターの仕事内容とは?

近年では、WEB系の会社が正社員のライターを雇っているケースが極めて多くなりました。WEB系の制作会社では、クライアントから依頼を受けて、様々なサイトを作成しています。その時には文章を掲載するのですが、その文章を書く仕事を行なうわけです。

仕事内容によっては、専門的な知識が必要になることもありますが、サテライトサイト用などの文章であれば、それほど考える必要はありません。また、決められたキーワードを文章に含めて書く、といった条件がついていることが多いです。

会社によっては、特定の分野のものをかき続ける、といった事も多くなっています。例えば、医療系が中心であったり、通販系が中心であったり、といった感じです。

正社員のライターの給与とは?

月給で20万円から30万円程度のスタートとなります。実績を積んでいくことで、どんどんと給与がアップするチャンスもあります。文章を載せたメディアの売上がアップすれば給与にはね返ってくることもあるんです。

正社員のライター募集しているサイトってどこ?

ライターとして本格的に仕事をしたい、と思ったら正社員になるべきです。収入も安定するので、将来的な不安がなくなる、といった嬉しいメリットがあるわけです。

こちらでは正社員のライター募集をしているサイトを紹介します。どのようなサイトをチェックすれば正社員のライターに応募出来るのでしょうか。

ライターの仕事を一生のものにしたい、と考えている方は必見です。

正社員のライター募集をしているサイトとは?

・マイナビ転職 正社員求人サーチ
・リクナビNEXT
・エン転職
・DODAなど

大手の就職・転職サイトであれば、正社員のライター募集が実際に行われています。
ただし、大手なので、様々な情報の中にライター募集の情報が紛れ込んでしまってなかなか見つからない、といったケースが続出してしまっているのです。

効率的にライターの仕事を見つけ出す、ということが極めて重要になります。
ライターの仕事を探している時には、「Web編集・Webライター」という職種などを探してください。なかなか見つからない時には、「クリエイター・クリエイティブ職 」というものをチェックしましょう。そちらの中にライターがあるケースが多くなっているのです。

どのくらいの条件で募集されているのか?

年収300万円から700万円程度になることも

高額の年収になることもあります。ただし、高額の年収になる場合は、スキルはもちろんですが、今までの経験といったものも重要になります。過去の実績がしっかりとしている方は、高額報酬も夢ではありません。

業務委託系のライター募集|仕事内容と報酬について

ライターの働き方は様々あります。アルバイトとして働く、というケースも珍しくありません。正社員として働いていることもあります。
今回は、業務委託系のライター募集についてお話しますね。

そもそも業務委託系のライター募集の仕事とはどのようなものになっているのでしょうか。報酬はどのくらいに設定されているのでしょうか。

1つずつ確認していきましょう。

業務委託系のライターの仕事内容とは?

クライアント側から、「このような記事を書いてほしい」といった依頼を受けることになります。そしてクライアント側が設定した条件に即した記事を作成して提出し、報酬を受け取る、といった内容になっています。

業務委託系に関しては、個別の契約となるケースが多くなっており、中には1記事ずつの契約となっていることも珍しくありません。

特定の分野に秀でている方は、その分野の記事を10記事や20記事といった具合で契約することも珍しくありません。
記事作成に取り掛かる前に、サンプル文などを提出してクライアント側の判断を待つ、といったケースもあります。

業務委託系のライターの報酬とは?

・仕事による

仕事内容によって報酬は大きく変動しています。
一つの目安となってくるのが、1文字あたり1円、というものです。1,000文字の記事を10記事仕上げたら10,000円の報酬になる、といった具合です。
スキルがある方になると、1文字あたり3円や5円、中には10円以上で仕事をしている方もいます

タイトル:業務委託系のライター募集をしているサイトはどこ?

文章を考えるのが好き、という方に注目されている仕事がライターです。そのライターの仕事として注目されているのが、業務委託、というものです。正社員契約ではなく、仕事ごとに契約をしていく雇用形態、となっているわけ。

業務委託系の仕事であれば、自分の好きな時間に仕事をすることも可能です。旅行がしたいときがあれば、その期間は仕事を入れない、といった自由な働き方もできます。

今回はそんな業務委託系のライター募集をしているサイトはどこなのか、ということをお話します。

業務委託、という働き方が気になっている方は必見です。

フリーランス募集サイトやバイト系サイト、転職サイトで探す方法あり

・レバテックフリーランス
・レバテッククレイエイター
・シゴト.in バイト
・ワークポート
・主婦向け求人サイト「ママワークス」
・転職サイト「Green」
・アルバイトEX
・ランサーズ
・クラウドワークスなど

様々な働き方を提案しているサイトであれば、業務委託系のライターを募集しているケースが多くなっています。比較的探しやすいところもあるので、いくつかのサイトに事前に登録しておき、定期的にどんな仕事が出ているかチェクしても良いでしょう。

業務委託系のライターの仕事に応募する時の注意点

在宅勤務を考えている方が多いと思うのですが、仕事によっては取材に出向くようなこともあります。さらに、出社が必要になるケースもあるので、情報を確認した上で応募するか、それともしないかを判断しましょう。

タイトル:アルバイトのライター募集って何?稼げるのか?

アルバイトをチェックしているとラーター募集と言うものを見かけることもあります。
こちらでは、アルバイトのライター募集とはどういったものなのか。給料は良いのか、といったことについて解説します。

アルバイトのライター募集とは?

大手の通販会社などが募集しているケースがあります。通販会社では、ショッピングサイトの商品を紹介するような文章を掲載する、といった仕事もあるわけです。その文章を考える、といった仕事になります。

広告会社で募集していることも珍しくありません。商品やサービスなどのキャッチコピーを考えたりします。SNS(ツイッターやフェイスブック)に掲載するような広告の文章を考えたり書いたりするのです。

WEB制作会社から募集されることもあります。様々なホームページを運営している会社では、様々な分野を得意としているライターを欲しているのです。例えば、化粧品を紹介するサイトや、不動産系のサイト金融系のサイトやゲーム系のサイトなどのライターを個別で募集しているケースもすくなくありません。

アルバイトのライターの報酬とは?

アルバイトなので時給換算となりますが、基本的に1,000円以上に設定されます。中には1,500円や1,600円からのスタートになる、ということも。
かなり高額な執筆料を出してくれるところもあるので注目です。

時給に関してはスキルによって応相談となっているので、ライター経験がある、という方は積極的にアピールすることが大切ですよ。

アルバイトのライターを募集しているサイトとは

アルバイトのライターとして働きたい、と思っても応募しなければ始まりません。そこで知っておきたいのが、アルバイトの募集をしているサイトはどこなのか、ということです。前もって知っておけば、いざ仕事がしたくなったらそのサイトを覗けばいいわけですよね。

それでは、実際にどんなサイトで募集しているのでしょうか。確認していきましょう。

大手のアルバイト求人サイト

・マイナビバイト
・an
・タウンワーク
・フロムエー
・イーアイデムなど

大手のアルバイト求人サイトであれば、ライターの募集をしているところを探し出せます。特に大手の会社が求人を出しているケースが多いので、大手で仕事をしたい、と思っている方は必見です。

ただし、大手のアルバイト求人サイトに関しては、少し探すのが大変です。ライターの仕事が膨大な求人情報に埋もれてしまっているケースが多いのです。
検索システムなどを活用して「ライター」や「編集」といったものでチェックしてみましょう。幾つかのライター求人情報が見つかるかもしれませんよ。

ブログライターサイト

・ドリームニュース
・ブログルポ
・shinobiライティング
・レビューブログなど

必ずしもブログに記事を掲載するわけではありませんが、ブログで商品やサービスなどを紹介して報酬をもらう、というものです。1記事あたりで仕事ができます。記事単価はかなり低めですが、自由に仕事ができる、といったメリットが有るのです。

フリーランス系サイト

・ランサーズ
・クラウドワークス

フリーランスのライターとして活動できるサービスです。
上記のサイトがクライアントとフリーランスの橋渡しをしてくれます。